基礎化粧品を使う順番について

基礎化粧品を使う順番について

正しい順序で使わなければ勿体無い!

基礎化粧品には正しい使い方が決められています。
メーカーによっても使用方法は多少異なりますが、最初に水分を補給し、最後に油分という使い方が一般的です。

 

このように基礎化粧品に使う順番が決められているのには意味があり、肌に保水力を高めるために守る必要があるのです。
それぞれのアイテムによって得られる目的も異なり、なりたい肌によってスキンケア商品をプラスしたり、減らすなど対処してみて下さい。
それでは、アイテムが持つ意味を紹介していきましょう。

 

化粧水は主に肌に水分を届ける目的を持っています。
特に肌が乾燥しがちな方、秋〜冬など室内の湿度が低い時には重点的に使うと良いでしょう。
化粧水プラス油分は基本のケアのため、この行程は最低限行なうものと考えてみて下さい。

 

次に使用するのは美容液ですが、保湿や美白などスペシャルケアを行なうためのものです。
アンチエイジング対策が必要な40代なら肌の状態に合わせて加えたほうが良い事もあります。
しかし、必ずしもやる必要は無く、肌のトラブルが目立たなければ省いても大丈夫だと思います。

 

最後は乳液やクリームを塗って、最初の化粧水で与えた水分を蓋します。
油分を与えるとそれが蓋となり、水分が蒸発し難くくする目的にのために、必ず必要なケアとなっています。
その際にはベタつきが気になる方は使用感が軽い乳液を、保湿力やアンチエイジングを高めたい方はクリームのほうが良いでしょう。

 

そのほか、商品によっても基礎化粧品の数によっては3〜5ステップと順番が決められている商品があります。
商品数が多いと使用する順番は迷いますが、より浸透力を高め相互作用が得られるよう順番を守る事をおススメします。

 

また、近年人気となっているオールインワンゲルは、うるおい補給と閉じ込めるを一つでできるので、サッと簡単にケアしたい方におすすめです。
シワやたるみケアに嬉しい美容成分が配合されたものも沢山ありますし、シミやくすみケアなら薬用のオールインワンゲルがおすすめです。

 
黒ずみや開いた毛穴対策 肌に良い飲み物を探しているなら…

 

気になる目元・口元のシワ 首周り、デコルテ、フェイスラインのケア

 


ホーム RSS購読 サイトマップ